会長ご挨拶

意を込めて
フランシス・ブートミー

コマンドゥールおよびボルドーワイン愛好家の皆様へ

ボルドーワイン最高評議会(GCVB/Grand Conseil du Vin de Bordeaux)はこの度、皆様から貴重なご意見をいただきながら公式サイトを完全リニューアルいたしました。

今回のリニューアルではインターネット機能のさらなる活用が図られました。その一例として、2020年9月16日から18日の期間開催予定の世界大会(Congrès Mondial)への参加お申し込み手続きは、当サイトの会員専用ページからのみとなります。

会員専用ページは、会員の皆様のみ閲覧可能です。営業・営利目的に利用する外部からの行為を完全に遮断するため、同ページへのアクセスにはユーザー名とパスワードの入力が必須です。会員の皆様のご期待に添えるよう、今後も多様な情報の発信に尽力いたします。

当サイトのさらなる発展を目指し、引き続き皆様のご意見・ご要望をお待ちしております。

ボルドー最高評議会(GCVB)公式サイトwww.gcvb.frの完成には多大な時間を要しました。GCVBは継続してサイトの活性化に努め、皆様とGCVB、コマンドゥール、そしてボルドーにてぶどう栽培およびワインづくりに取り組む生産家との交流の場として当サイトをご活用いただきたく存じます。

GCVBでは、以下のプロジェクト実現に向けて現在も活動を推進しております。

·         事務所の改装。前回の塗装工事は20年以上前になります。

·         2020年世界大会(Congrès Mondial 2020)の企画・運営。世界中から400名を越す会員をお迎えします。

·         ボルドーワインスクール(Ecole du Vin)との協力のもと、各コマンドリー担当エデュケーター(Educateur)を対象とした研修の実施。

·         コマンドリーとの緊密な連携の維持・向上にはこれまで数年にわたって取り組んでおり、現在も特に注力しております。

さて、来る10月17日をもって、私のボルドー最高評議会会長(Grand Maître)としての3年にわたる任期が終わりますことをお知らせいたします。次回のコンセイユ・プリヴェにおいて、新会長にユベール・ド・ブアール(Hubert de Bouärd)氏の選定が確実です。今後は同氏の指揮のもと、上述の活動の積極的な推進が図られることでしょう。

ユベールは40年来の友人であり、彼と分かち合った時間は私にとってかけがえのない時間であります。仕事上でも幾度となく顔を合わせてまいりました。会長職という任務に有為転変はつきものですが、ユベールのプロフェッショナリズム、そして他者のために尽力する献身的姿勢がいかほどのものか、私は熟知しています。新グラン・メートルへの引継ぎが円滑に執り行われるよう全面的に協力を続ける所存でございます。

また、これまで17年間、GCVBとともに、運営の主軸となって活躍してきたカロリーヌ・ドラロッシュ(Caroline Delaroche)。そして公式サイトの作成管理はもちろん、コンセイユ・プリヴェ会員の管理を担当するアンヌ=マリー・カプドムールラン(Anne-Marie Capdemourlin)。ふたりは今後も新会長をしっかりとサポートしてくれることでしょう。

こうして私は真の友情に満ちあふれた舞台から去ります。多くの方々と培った友情、そして出会い。今後はそのような機会も少なくなるでしょう。ただ、安堵感もあります。GCVBという偉大なる組織の運営に携われることに誇りを感じる一方で、常に列席を求められ、迅速かつ確実に対応する体制を常に整えていないといけない。家族や自らのビジネスを顧みることなく。

もう一度やれるのであれば、私はやるでしょう。ただ、役職には年齢制限がありますから、実際には叶わぬ思いなのですが。それでも、ユベールを全面的にサポートする任務に年齢制限はありません。ボルドーワインの卓越性を広めるアンバサダーであるボルドー最高評議会会長を、今後も微力ながら支え続ける所存でございます。

親愛なるコマンドゥール、親愛なる友よ、また会う日まで!

Bordeaux, toujours Bordeaux.

Francis Boutemy.